トップページ >> 胃からくる口臭対策10のポイント >> 胃からくる口臭の臭いを改善

胃からくる口臭の臭いを改善

胃からくる口臭の臭いを改善したい方は、このページを訪れているということですよね。
もしくは、周りに胃からくる口臭の臭いを改善したい方がいるとか…。
理由はさておき、少なくとも『胃からくる口臭の臭い』に関心があるということですね。

では、胃からくる口臭が嫌な臭いを発生するメカニズムを知るところから始めましょう。
原因を知ることで、改善に繋がるのは、言うまでもありません。

胃からくる口臭の臭いの原因

胃からくる口臭の原因は大きく分けると2つあります。

1.胃の消化機能の低下

主に胃からくる口臭の臭いの原因は、『胃の消化機能の低下』です。
胃の消化機能が低下してしまう原因を下記に記載します。

  • 1.胃炎や胃潰瘍などの疾患がある
  • 2.ストレス
  • 3.偏った食生活
  • 4.飲酒
  • 5.喫煙
  • 6.睡眠不足

上記の原因により、胃からくる口臭は、嫌な臭いになってしまう可能性があるというわけです。
そのメカニズムですが、上記の原因で、胃の粘膜が荒れてしまい食べ物が消化されず異常発酵してしまいます。
そして、アンモニアなどの嫌なガスが発生します。
そして、そのガスが血液により肺に運ばれます。
その結果、呼吸すると嫌な臭いの息になってしまって、周りの人に迷惑をかけてしまうのです。
この場合、胃から直接臭いがするのではないということがポイントですね。

胃

では、原因が分かったところで、次は改善ですよね。

1.胃炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの疾患がある
この場合は、速やかに病院へ受診することが先決ですね。
2.ストレス

ストレスは、私たち人間の体に悪影響を及ぼします。 胃だって、その影響を受けます。

ストレスを感じないことは不可能です。
重要なのは、『溜め込まない』ことです。
ストレスの解消は人それぞれですが、必ずストレスをリセットする習慣をつけましょう。 適度な運動等がおすすめです。

3.偏った食生活

肉や脂っこいもの・ファーストフード・コンビニ弁当・インスタント食品等偏った食生活は、胃に負担をかけています。 あと、刺激物(唐辛子やニンニク等)も胃に負担をかけます。 現代の日本人なら特に、偏った食生活をしている人が多いと思われます。

まずは、上記の偏った食生活を改善しましょう。 そして、胃の環境を整える食べ物として挙げられるのが、『野菜』と『果物』です。 野菜と果物に含まれるビタミンCが胃を荒れるのを防ぐ作用があるのです。 キャベツ、アスパラガス、セロリ等食物繊維が豊富に含まれる食べ物も胃の消化を助ける作用があるので積極的に摂取しましょう。

どうしても付き合い等で、食生活が偏った場合は、次の日は控えめにする等工夫が必要になりますが、普段から、バランスの良い食生活を心がけましょう。

4.飲酒・5.喫煙
飲酒・喫煙は、もう控えてくださいとしか良い用がありません。
どちらも依存性の高い物ですが、周りに迷惑をかけてまで続けるものではありません。
お酒は、適量なら良いとされていますが、飲みすぎはいけません。
煙草なんて百害あって一利なしとも言われているくらいなので、今すぐやめるべきですね!
6.睡眠不足
仕事・対人関係のストレスで睡眠に障がいをきたしている方も多いと思います。
自分なりのリラックス方法を見つけることが大切です。
音楽を聴いたり、アロマをしてみたりと気分を落ち着けて、自然と眠りにつけるようになると良いですね。
2.胃と食道の間の弁の機能の低下

人間の胃と食道の間には、弁があります。
この弁は食べ物等が逆流しないような役割を果たしています。

しかし、この弁の機能が低下してしまうと、胃酸や胃の中の臭いが口の方へ逆流してしまいます。
これが、胃からくる口臭の臭いの原因となるのです。
この弁が弱ってしまう代表的なものが『逆流性食道炎』です。
実は、私も逆流性食道炎です。
夜中、睡眠中に、すっぱいものが胃から口の中へこみ上げて目覚めてしまうということもありました。

逆流性食道炎は、食道が炎症を起こす病気です。
症状は、『胸焼け』が代表的です。
発祥する原因は、ストレスや暴飲暴食・喫煙・飲酒等が挙げられます。
要は、こちらも生活習慣病ですね。
規則正しく、生活習慣を見直す必要があります。

胃からくる口臭の臭いの原因と改善について説明してきましたが、胃からくる口臭の臭いは口の中をいくら清潔にしたり、ガムや口臭予防スプレーでは効果ありません。
体の中から健康である必要があります。

口臭とは
口臭の原因
口臭の予防・改善
口臭チェック
口臭と舌
世代別口臭
動物の口臭