トップページ >> 赤ちゃん・子供が風邪や病気、寝起きで息が臭い原因は?

赤ちゃん・子供が風邪や病気、寝起きで息が臭い原因は?

赤ちゃんの息が臭い。その原因とは

大人と違って赤ちゃんには息が臭くなることはないと思われがちですが、赤ちゃんの口内にも細菌は少なからず棲んでおり、繁殖することで口臭の原因となります。

風邪やアレルギーによる鼻づまりから口呼吸をしている場合、口内が乾燥して雑菌が繁殖し、臭いの元となる場合があります。

あとは、離乳食に切り替えてからはきちんと歯磨きをして食べかすを取り除いてあげないと虫歯になってしまったり、菌が繁殖しやすくなるので息が臭くなる恐れがあります。

その他にも赤ちゃんはよだれがたくさんでてしまいがちですが、そのよだれを放置しておくと臭いがしてきますので、よだれがたれているならば拭いてあげましょう。

赤ちゃんだからニオイはしないだろうと油断することはせず、きちんと口腔ケアをしていきましょう。

赤ちゃん

子供が風邪をひくと息が臭くなる原因

子どもが風邪をひいてしまうと、息が臭くなりやすいのは様々な原因があります。

風邪を引いて鼻づまりを起こすことで自然と口呼吸になってしまうのですが、その影響から口内が乾燥してしまい、口内でニオイの原因菌が繁殖しやすくなってしまいます。

あとは鼻水が外に流れず喉に流れてしまうことで起こってしまう蓄膿症や扁桃腺炎なども、口臭の原因となってしまうので、風邪を引いた時は喉を乾燥させないようしっかりとした水分補給と保湿、鼻水をださせるように覚えさせることが大事になってきます。

子供の息が臭いのは病気が関係している?

子どもの口臭の変化で、子どもが病気になっているかというのを判断できる材料になることをご存知でしょうか。

大人と同じように口臭が気になるようになった場合、ドライマウス(口内乾燥)や風邪の他にも、アデノイドやアデノイド周辺炎が考えられます。

咽頭扁桃が肥大することで喉・鼻・耳が慢性的に炎症を起こしてしまう危険性があります。

その際に鼻づまりを起こし口呼吸となってしまうので、口臭がキツくなる傾向にあります。

その他にも鼻づまりによる蓄膿症で急性あるいは慢性的な副鼻腔炎が引き起こされることもあります。

蓄膿症では抗生物質の投与で改善をすることができますが、どちらの症状にしてもやはり口呼吸をしなければならないので口臭の原因となってしまいます。

口臭が気になるようになったら、口呼吸をしていないかどうか、鼻づまりがないかどうか確認し、早期検診を受けるというのが一番最善の対策ではないかと思います。

子供の息が臭いのと発熱症状

子どもが熱をだしてしまい心配になる一方、息が少しニオイがすることも気になってしまいますよね。

発熱症状と赤ちゃんの口臭というのは実は意外と関係性がありまして、大人の場合も同様の考えなのであまり深く悩む必要はありません。

赤ちゃんの発熱は主に風邪によるものと考えられますが、その際に体温上昇により、口内が乾燥しやすくなります。

そうなると口臭の元となる雑菌が活動をしやすくなるので大量に繁殖し口臭を出してしまうのです。

発熱時に鼻水も多量に出るようですと、加えて口呼吸になってしまいますので口の中は更に乾燥しやすくなってしまいます。

ですので子どもが熱を出してしまった際は、水分補給や周りに保湿器を置くなどして口内を常に潤してあげることが大事となってきます。

子供の寝起きの息が臭い原因

普段はミルクのような甘い匂いがしていた赤ちゃんも気づけば口臭がするようになってきて・・・、という事もありますが、子どもの寝起きの口臭の原因も大人と同じなのでしょうか。

答えはイエスです。
まだ歯も生え揃わない赤ちゃんの時は、唾液の分泌量が多く口臭の原因である細菌の繁殖を防いでいます。

ですが、歯が生えてきて離乳食等を食べるようになってくるあたりから唾液の分泌量も次第に減り、食べかすからも菌が繁殖するようになるので口臭がするようになってくるのです。

就寝中から寝起きが一番口内細菌が繁殖しやすい時間帯ですので、食べかすを残してしまうと余計に口臭が気になるようになります。

ですので、離乳食になり始めた頃からしっかりと歯磨きをして食べかすを残さないようにしていくことで多少の口臭は抑えられるようになるでしょう。

ただし、成長していくにつれ段々と大人の寝起き時の口臭と同様になってきますので、そこは諦める時期がくるということも念頭においておくのも忘れないでいてください。

口臭とは
口臭の原因
口臭の予防・改善
口臭チェック
口臭と舌
世代別口臭
動物の口臭