トップページ >> 息が臭い原因は内臓にもあり!?

息が臭い原因は内臓にもあり!?

実は、息が臭い原因は口の中だけじゃないってご存知ですか? タイトルにも記載しましたが、歯をいくら磨いたり口の中を清潔にしても息が臭い人は、『内臓』に何らかの原因がある可能性があります。
このページでは、その内臓の原因の詳細をご紹介します。

内臓

1.胃腸が弱ってる

消化器系の内臓が弱っているケースが考えられます。
それは、胃炎や十二指腸炎などが挙げられます。

この場合卵の腐った臭いがすることが多いそうです。
これは、『硫化水素』が原因です。
食べ物の消化が正常に行われないと、食べ物が醗酵しガスが発生します。
このガスこそ硫化水素です。

その結果、消化器系の内臓が弱っている人は、息が卵の腐った臭いになるという訳なのです。

2.肝臓が弱ってる

食べ物は、体内で消化される際にアンモニアを発生します。
肝臓には、アンモニアを処理する力があります。
しかし、肝臓が弱ってしまうとアンモニアを処理する力がなくなり、初期では、ネズミの臭い、ドブやカビ、排水溝や雑巾の臭い、ニンニクが混ざったような臭いがして、結果的に息がアンモニア臭になってしまうのです。
また、肝臓から分泌される胆汁が不足していると生ゴミ臭を発生してしまうこともあります。
肝臓の機能が弱まるのは大体40歳を過ぎてからと言われています。

肝臓の病気を下記に記載します。

  • 脂肪肝
  • 肝炎
  • 肝硬変
  • 肝臓ガン

アルコールの飲みすぎや食生活に注意が必要です。

3.糖尿病

糖尿病を患うと、息が独特の酸っぱい臭いになってしまうことがあります。
また、糖尿病の特徴として、唾液の分泌量が減少して、ドライマウスになってしまいます。
唾液の分泌量が減ってしまうと、細菌の活動が活発になり、息が臭くなってしまいます。

4.癌(ガン)

癌には、息が臭くなる人とならない人が居るそうです。
しかし、胃がんの人は、卵の腐った臭いになるとも言われています。

5.長期の便秘

腸が不調だと便秘になりますよね。
そして、便秘は女性の方が多いのは有名な話です。
これは、骨盤や腹筋が大きく関わっているといわれています。
私は便秘とは今のところ無縁なのですが、女性にとって便秘は重要なことの一つみたいです。

さて、話は戻りますが、長期の便秘は息が臭くなる原因になります。
腸内で発生したガスが腸壁より吸収され、肝臓などで悪臭成分として血液中に排出されます。
その血液が体内を巡り、肺にたどり着きます。
その結果、息として排出されるのです。

その息が『うんこ臭い』のです。
息がうんこ臭いのって、結構悲しいですよね。

早めに消化器内科または胃腸科へ一度受診することが望ましいですね。

風邪

内臓とは関係ありませんが、風邪でも息が臭くなることがあります。
原因を下記に記載します。

  • 口腔内の免疫力の低下
  • 唾液の分泌量の不足
  • 鼻づまりによる口呼吸が多くなる

この場合は、早急に風邪を治すことが望まれます。

風邪

貧血

貧血はご存知ですよね? よく、くらっと立ちくらみしてしまうアレです。

貧血になってしまうと、唾液の分泌量が少なくなって、ドライマウスになって息が臭くなってしまうのです。

貧血の予防
規則正しい栄養バランスの取れた食生活
ストレスを溜めない
良質のタンパク質と鉄分を摂る
暴飲暴食をしない
貧血

舌苔(ぜったい)と内臓疾患の関係

鏡の前で自分の舌を見てみてください。
舌に苔のような白いものが付着していませんか? もし、付着しているのであれば、それが舌苔です。

舌苔は舌(した)の苔(こけ)と書きますが、実際は細菌や食べかすが付着して白い苔のように見えるだけなのです。
舌苔が出来る原因としては様々ありますが、内臓神経との関連が強いとも言われています。
舌苔があって、ブラッシングしても取れない場合は、内臓の調子が悪いのかもしれませんね。
一つの目安として見てみてくださいね。

口臭とは
口臭の原因
口臭の予防・改善
口臭チェック
口臭と舌
世代別口臭
動物の口臭