トップページ >> 息が臭くなる様々な原因 パート5。- 下痢・腎臓・頭痛・喘息・親知らず -

息が臭くなる様々な原因 パート5

下痢は息が臭いことに関係がるのか

一見下痢をすることは体内の便を排出することなので口臭の原因にならないと思われがちですが、下痢をしている人でも口が臭いということもあり得る話しなのです。

下痢というのは体内の不調を訴える一つのシグナルでもあります。

ですので腸内だけでなく、胃の働きも鈍くなってしまうと上手く消化機能が働かず、それにより発行したニオイ成分のガスが口臭となってでてきてしまうのです。

その他にも下痢を出し続けることで体内が水分不足になってしまいます。

そうすると自然と口の中も乾いてきてしまい口内細菌が繁殖、ニオイのもとを発生してしまうので、下痢がでるから息は臭くないということは一概に言えないのです。

腎臓が原因で息が臭くなる?

腎臓というのは毒素を無毒化し、尿として排出する機能を持っています。
そのため尿にはツンとくるアンモニア臭をともなっているのは腎臓の働きによるものなのです。

その腎臓の機能が低下してしまうと息が臭くなってしまうのです。

腎臓機能が低下する要因としては飲酒喫煙やストレスが主とされています。

とくに飲酒に関しては腎臓にムチを打たせて働かせ続けるのと同じ事なのでかなり負担がかかってしまうので注意が必要です。

腎臓に負担がかかってしまい機能が低下してしまうと、体内で発生したアンモニアやその他毒素が上手く分解されず、体内を駆け巡ってしまいます。

その為口臭がアンモニア臭となってしまうのです。

腎機能の低下は口臭だけでなく毒素が身体を巡りますので様々な病気に発展する恐れがありますので、自分の口臭がツンとするアンモニア臭を伴っていたら一度生活習慣病を振り返ることや生活改善をする必要があるかもしれません。

頭痛と息が臭くなることが同時におこる?

頭痛と息が臭くなるという事象は一見関係ないことと思われがちですが、実は同時に起こることもあります。

副鼻腔炎という病気は、鼻の横から頬までの空洞部分になっているところに細菌やウイルスが入り込んでしまい炎症を起こしてしまう病気で、この副鼻腔炎になると頭痛や顔の痛みが引き起こされる事があります。

その際この副鼻腔にたまった膿が口臭の原因となるので頭痛と息が臭くなるということは関係がある事もケースとしてはあり得るのです。

頭痛

喘息は口臭の原因になるのか

喘息が直接的な口臭の原因とは考えにくいのですが、喘息によって間接的に口臭の原因となることはあります。

まずは喘息による口内乾燥です。

喘息患者はアレルギー性鼻炎を併せて発症する確率が高く、鼻のつまりから口呼吸で過ごす方も多いです。

そうなると口内が乾燥してしまい、細菌が繁殖し口臭の原因となります。

そして喘息の薬による副作用です。

喘息の薬には唾液を減少させる副作用がある薬があるため、唾液には殺菌成分があり口内の菌の繁殖を抑えている訳ですから、その唾液の分泌量が少なくなると口内が乾燥しているのと同じですからこれも細菌が繁殖して口臭の原因となってしまいます。

口臭が気になるからと言って薬も服用しないということではなく、唾液が分泌しづらいのであればこまめに水分を摂るだとかそういった対策をしていき上手く付き合うことが大切ですね。

親知らずの抜歯後、息が臭い

親知らずを抜いてから口臭がするようになったという経験があるかと思いますが、なぜ親知らずを抜くと口臭がキツくなってしまうのでしょうか。

親知らず抜歯後は、親知らずがあった部分に大きく穴が開いてしまいます。
そこに食べた物の残りカスや細菌が入り込み繁殖してしまい口臭の原因となることが多いようです。

だからといって親知らずがあった部分をうがいや歯磨きで洗おうとしてしまうと、親知らずの部分は傷口となっているため、自己再生作用が働いていますのでかさぶたのようになっています。
そこを無理やり洗ってしまうわけですので治りが遅くなってしまう可能性がでてきます。

そうなると本末転倒ですよね。

なので口臭が気になるからと言って歯磨きやうがいをやたらせずに、ブレスケア用品で口臭を抑えていったほうが親知らずの部分の治癒も早まりますのでオススメです。

親知らず
口臭とは
口臭の原因
口臭の予防・改善
口臭チェック
口臭と舌
世代別口臭
動物の口臭