トップページ >> 膿栓のあの嫌な臭いは息が臭くなる原因になるの?

膿栓のあの嫌な臭いは息が臭くなる原因になるの?

膿栓(臭い玉)は扁桃腺のくぼみに蓄積され、くしゃみや咳をすることでたまーに元気良く飛び出してきます。
名前は知らなくても、多数の方はそんな経験があるのかと思います。
私も、膿栓が飛び出してきて、臭かった経験があります。

アレだけ臭いのだから、息が臭くなる原因になるのかなと思います。
まずは、膿栓の正体を調査したところで、どう予防するのかこのページで説明します。

まず、膿栓ってなに?

上記でも、軽く説明したのですが、膿栓と何なのか説明します。
人間は誰しも、喉の奥に扁桃腺があります。
風邪を引くと喉が痛くなって腫れたりしますよね? その腫れているアレが扁桃腺です。

その扁桃腺の役割として、体内にウイルスなどの異物を侵入させないように頑張ってくれています。
その結果、扁桃腺のくぼみにウイルスや細菌の死骸、さらには、食べ物の残りカスが蓄積されてしまうのです。
その蓄積された物体が『膿栓』というカラクリです。

実際膿栓を見てみると色は白っぽく、大きさは3mm~5mmと言ったところでしょうか。
そして、なにより臭いです。
潰したらより臭いという情報がインターネット上にありましたが、臭すぎて潰す気にもなれませんでした。

「私は、膿栓なんてできたこともないし、見たこともない」という方もいるかと思いますが、私たち人間には、扁桃腺が必ずあり、上記のような大切な役割を担ってくれています。
ですから、膿栓は誰でもできる可能性があるということです。
ただ、膿栓はできないように予防することができます。
それは、後述しますね。

膿栓ができやすい人の特徴

  • 口呼吸するくせのある人
  • ドライマウスの傾向のある人
  • 扁桃腺が腫れやすい人
  • 若い人
  • ストレスを溜め込みやすい人
  • 喫煙をする人
  • コーヒーをたくさん飲む人

口の中が乾燥していると、雑菌の活動が活発になり、膿栓ができやすくなるといわれています。
口の中が乾燥していると、膿栓ができやすくなるだけでなく、根本的な息が臭くなる原因ですので、注意しましょう。

膿栓は除去した方が良いの?

インターネットでよく膿栓の除去方法を記載している方がいますが、自分で膿栓を除去するのは危険です。
扁桃腺や他の粘膜を傷付けてしまう恐れや、他の疾患になってしまう恐れだってあります。
上記でも説明したように、膿栓は誰にでもできる可能性があり、一度除去したところでまたできてしまう可能性があります。

あまりにも気になる人は、耳鼻咽喉科を受診することをお勧めします。

膿栓をできにくくするように予防する

『膿栓ができやすい人の特徴』で説明した反対のことを行いましょう。
若い人ってのは、無理ですが、口の中を乾燥させないようにすることはできますよね。
喫煙・コーヒーの飲みすぎは控えて、ウォーキングをする等、自分なりのストレス解消方を見出してください。

そして、日頃の歯磨きやうがいも膿栓をできにくくします。
毎日3回の歯磨きとうがいを意識して行いましょう。

膿栓は息を臭くする?

やっと本題です。
膿栓のことはなんとなく理解していただけたと思います。
そこで、『膿栓は息を臭くしてしまうのか!?』が気になりますよね。

実は、これには、いくつかの意見があります。
まず、臭くなる派の意見として、あんなに臭いのが、口内に存在していたら息が臭くないわけがないという意見です。
そして、臭くならない派の意見は、膿栓は誰にでも存在しえるもの。
だったら人間の息全員が臭くなるから、それはあり得ないという意見。
さらに、膿栓は鼻を近づけて初めて臭いが確認できるプラス、潰さないと臭いは発生しないから、息を臭くするものではないといった意見もあります。

私的には、少なからず息が臭くなる原因にはなるような気がしますが、上記で述べた膿栓ができてしまうことを予防しつつ、日頃のオーラルケアも欠かさず行うことが大切だと感じます。

口臭とは
口臭の原因
口臭の予防・改善
口臭チェック
口臭と舌
世代別口臭
動物の口臭