トップページ >> 膿栓。通称『臭い玉』と呼ばれるあの物体と息が臭くなるのは関係ある?

膿栓。通称『臭い玉』と呼ばれるあの物体と息が臭くなるのは関係ある?

膿栓を治療すれば、息が臭いのも治るの?

まずは、膿栓ってなに?

実は、息が臭くなる原因は、膿栓(のうせん)と呼ばれる物体のせいかもしれないのです。
では、膿栓とはいったいどんな物体なのでしょう。
その正体に迫ります!

膿栓とは、通称『臭い玉』とも呼ばれています。
私も、膿栓と言われれば、ハテナマークでしたが、臭い玉と言われると「あーあの臭いやつか」と理解することが出来ます。
なぜなら、私も臭い玉が口から出たことがあるので…。
その際は、「なんだこれ?くっさいなー。」位にしか考えていなかったのですが、今日ここで正体を突き止めようと思います。

膿栓はなぜできるのか?

よく、風邪を引くと扁桃腺が腫れて喉が痛くなりませんか? その扁桃腺の役割は、鼻や口から侵入してくる細菌もしくはウイルスから喉を保護します。
扁桃腺が細菌・ウイルスを殺すことによって、細菌の死骸が溜まっていきます。
しかも、食べ物の残りカスも同じように溜まっていきます。
その、死骸やカスの集合体が『膿栓』なのです。

膿栓ができるメカニズムを理解しただけで、もう想像するだけで臭ってきますよね。

膿栓の特徴は?

見た目は、なんかもやしの上についている豆みたいな感じです。
私が膿栓をはじめて見たときの印象がそうでした。

インターネットで調査してみると、大きさは、3~5mmほど。
色は、白っぽい感じと表記されていました。

私の場合は、喉に違和感を感じ、咳・くしゃみをすると飛び出してきた思い出があります。
つぶすと強烈な悪臭を放つと記載されていましたが、つぶそうと思うことなくすでにめっちゃ臭かったです。
つぶす勇気がありませんでした。

膿栓ができやすい人の特徴

膿栓は、口の中が乾燥しているとできやすい傾向があります。
ですから、口の中が乾燥してしまう原因を把握する必要がありますね。

  • 口呼吸
  • 加齢
  • ストレス
  • 喫煙・アルコール
  • 食生活の乱れ
  • 脱水状態
灰皿

また、乾燥しやすい季節(冬)や扁桃腺が腫れやすい人(風邪等)、若い人ほど膿栓ができやすいと言われています。

膿栓の治療方法について

インターネットを検索していると、膿栓の除去方法が掲載されていたのですが、個人で除去する際への注意点も記載されていました。
その注意点は、除去する際に扁桃やそのほか粘膜を傷つけてしまう可能性があるということでした。

息が臭くなるといわれている膿栓の取り方
  • 咳やくしゃみをして自然に出てくるのを待つ(喉を痛める危険性があるので注意が必要)
  • 綿棒で取る(喉を傷つける危険性があるので注意が必要)
  • シャワーで取る

上記の方法で膿栓は除去できることは、ある程度確認はされているみたいです。
しかし、基本的には、個人の判断で除去するのは、危険を伴うということですね。

膿栓ができるメカニズムを説明しましたが、個人差はありますが膿栓はだれでもできる可能性があるのです。
だからと言って個人的に除去を頻繁に行うのではなく、気になるのであれば、一度耳鼻咽喉科などを受診することをお勧めします。

耳鼻咽喉科での治療方法は、一時的な処置ですが、吸引と洗浄による除去です。

膿栓を蓄積させない予防方法

膿栓はどうしても、溜まってしまうものですが、少なからず回避する方法もあります。

  • 毎日歯磨きをしっかりする
  • イソジンでうがい
  • 水をたくさん飲む

膿栓を耳鼻咽喉科で除去し、蓄積しない予防方法を試してみても、息が臭い人は、一度『口臭外来』を受診するのもお勧めです。
息が臭い原因を特定することが大切ですからね。

うがい
口臭とは
口臭の原因
口臭の予防・改善
口臭チェック
口臭と舌
世代別口臭
動物の口臭