トップページ >> 胃痛や胸焼けは息が臭くなる原因になる?

胃痛や胸焼けは息が臭くなる原因になる?

胃痛と胸焼けについて

一般的に、胃痛や胸焼けの症状が起こるのは胃液(胃酸)の分泌過剰により胃壁の粘膜が荒れたり、胃液が食道に逆流したりすることが原因です。

このような現象の原因はとなると…
暴飲暴食・刺激の強いものの食べ過ぎ
ストレスによる自律神経のバランス失調

上記などが考えられます。
これらは健康な人でもままあることであり、その結果胃痛や胸焼けが起こることはそう珍しいことではありません。

しかし、ある程度の期間、継続して起こる場合は胃腸の病気の可能性を考慮しなくてはなりません。

胸焼けや胃痛が起こりやすい病気は以下の通りです。

胃食道逆流症(逆流性食道炎)

胃液が食道に逆流する現象で、食道粘膜が傷ついたり胸焼けを起こしたりする症状がともないます。
これらの症状をまとめて胃食道逆流症といい、ポピュラーな逆流性食道炎もこの範疇に含まれる症状です。

この症状が起こる直接的な原因は胃液の逆流を防ぐ機能の低下です。
逆流を防ぐ働きをしているのは、噴門(胃と食道のつなぎ目)にある下部食道括約筋と言われる筋肉です。
下部食道括約筋は、通常であれば、食物を飲み込むとき以外はしまっているので、胃の内容物が逆流することがありません。
しかし、何らかの原因でこの筋肉がゆるんでしまうと胃液が逆流して胸焼けを引き起こすことになります。
下部食道括約筋の機能が低下する原因は以下の通りです。

  • 加齢:年齢を重ねるに従って下部食道括約筋の筋力が衰えてしまいます。
  • 食べ過ぎ・早食い:いきなりドカ食いをした後にはゲップが出ますが、これは胃の中にたまった空気を排出するために一時的に噴門の筋肉がゆるむためです。
    この時、空気だけでなく胃液も逆流するので胸焼けが起こるのです。
    また、よく噛まずにガツガツと早食いすると、食物と一緒に空気を飲み込みやすく、胃の中の空気を排出するためにゲップが出て……と言うことになります。
  • アルコール:ワイン・ビール・ウィスキー・焼酎・ウォッカなどのアルコール飲料を飲むと、胃液の分泌が活発になるので胸やけが起こりやすくなります。
胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃潰瘍・十二指腸潰瘍は胃液(胃酸)や消化酵素によって胃壁の粘膜が自己消化されることによって起こる病気です。
この2つの症状に違いは、胃潰瘍は食後に胃が痛み、十二指腸潰瘍は空腹時にミゾオチが痛むと言うものです。
いずれにせよ、症状が進行すると時間を選ばず痛むようになります。

慢性胃炎

慢性胃炎は、文字通り、慢性的に胃が炎症を起こしている症状のことで、日本人の成人の50%以上が患っていると言われています。
自覚症状はミゾオチあたりに鈍い痛みがあったり、胸焼け・ゲップ・胃もたれなどを感じたりします。

機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)

胃痛・胸焼け・胃の不快感などの症状が継続しているにもかかわらず、内視鏡検査で胃の粘膜を徹底観察しても、異常がまったく見つからないという不幸な事例が昔から観察されてきました。
なぜ「不幸」と言う言葉が出るかというと、筆者が若い頃にそのような症状の人々が複数あちこちの職場にいらっしゃって、全員それぞれの上役から「なまけ病」とか「贅沢病」というこの世に存在しない病名をつけられ、さらに苦しいことになったのを見ているからです。
今はちゃんと病名がついていて「機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)」と言います。
ストレスや過労などによって自律神経のバランスが崩壊して胃の機能が低下する事で起こる症状です。

胸焼けと口臭

通常はその存在すら意識せずに暮らしているくせに、何らかのストレスにさらされると俄然その存在を主張するのが胃という臓器です。

日々ストレスにさらされ続けていると、いきなり胃から何かがこみ上げてきて口の中が酸っぱくなるような経験は日常茶飯事になります。
胃の中から喉に突き上げられる灼けるような痛覚、酸っぱいゲップが出たり、胸のあたりがチクチクと痛んだり。
このような現象をまとめて胸焼けと言います。

これは通常は胃の中に収まっている胃液が何らかの原因で食道に逆流してしまい、食道内壁の粘膜が灼けてしまうからです。

その結果、口腔内は酸性の状態になり、きつい臭いの息を吐き出すことになります。

この口臭の形容として、そのあまりにひどさから覚えてしまったのが「塩ラーメンと牛に乳と卵を混ぜて腐らせたような臭い」と言うものでした。

筆者も胃弱な友人を何人か持っていましたが、ここまでひどいのはなかったよなぁと思っています。

ともあれ、くよくよ悩まずに「内科へ駆け足!」と言うのが最も現実的な解決方法です。
口コミでも良いし、ネットで探すのも良いし、役所の紹介でも良いし、信頼できる内科医を見つけて診察してもらうことが解決への早道です。
慢性的な症状と告げられたら定期的に診察してもらう事も考慮すべきです。

口臭とは
口臭の原因
口臭の予防・改善
口臭チェック
口臭と舌
世代別口臭
動物の口臭