トップページ >> 様々な症状や場面での胃痛と息が臭くなる関係について

様々な症状や場面での胃痛と息が臭くなる関係について

下痢を伴う胃痛は、息が臭くなるのも伴う?

まず、胃痛と下痢の両方の症状がでるケースを考えます。
それは、可能性てきに急性胃腸炎であることが考えられます。

急性胃炎を引き起こす原因
  • 暴飲暴食
  • 過度のストレス
  • 細菌によるもの
  • カフェインの摂り過ぎ
  • 冷たいもの
  • アルコール
  • 香辛料など刺激が強いものの摂り過ぎ
  • 喫煙
  • ウイルスによるもの
  • クスリ・薬物の多用

上記が原因となり、胃の粘膜がダメージを受けてしまいます。
胃の粘膜がダメージを受けるとどうなるのか大体想像はつきますよね。
ダメージを受けると胃が持っている消化機能が衰えてしまうのです。
消化しきれていない状態で腸に届いてしまうと、消化や吸収がうまくいかなくなります。
結果、下痢を引き起こしてしまうのです。

症状としては、胃痛と吐き気があります。
消化機能が衰えてしまうと、胃の中の食べ物が発酵してしまい、息が臭くなる原因にもなります。
さらに、放っておくと、吐血してしまうことだってあります。

生活習慣を改めるか、ひどい時は速やかに病院へ行きましょう。

ストレスによる胃痛は、息が臭くなる?

誰しも少なからずストレスを抱えて生きています。
ストレスは溜め込まないことが重要なのです。

ストレスを解消できないと体に様々な悪影響を及ぼします。
それは、胃だって例外ではありません。
ストレスにより、胃の血流が減ってしまいます。
その結果、胃痛が引き起こされるのです。

さらに、ストレスを溜め込んでしまうと、胃酸が大量に分泌され、結果的に胃潰瘍や胃炎になってしまうことだってあるのです。
もちろん、胃が荒れてしまうので、息が臭くなる原因にもなります。
ストレスは重大な病気の原因になってしまうので、早急に解消方法を見つけるべきです。

一番良いとされているストレス解消方法は、ウォーキングです。
有酸素運動による、ダイエット効果も期待でき、他の病気の予防にも繋がります。

他には入浴・アロマ・音楽によるリラックスもお勧めです。

温泉

空腹時の胃痛は、息が臭い?

お腹が減っているとき、胃が痛いなんてことありませんか? もし、あるのであればそれば、重大な病気なのかもしれません。
空腹時に胃痛がある場合、どんなことが考えられるか調査しました。

もし、思い当たるのであればよく思い出してみてください。
本当に、空腹時のみの胃痛であるのかを。
空腹時のみの胃痛であれば、急性胃炎か胃潰瘍が考えられます。

急性胃炎に関しては、上記で説明していますので、ここでは、胃潰瘍について説明します。

胃潰瘍になる原因
  • 暴飲暴食
  • 精神的なストレス
  • ヘリコバクター・ピロリ菌(現在は、上記2つより、ピロリ菌によるものが有力と考えられています。)
胃潰瘍の症状
  • 空腹時胃痛
  • 胸焼け
  • ゲップ
  • 黒い便
  • 貧血

症状には、個人差があり、上記の症状が出ずに、無症状の方もいるのが恐いところです。
放っておくと病状が進行してしまうので、注意が必要です。

胃潰瘍は息が臭くなる?

上記で、急性胃炎は、消化機能が衰えてしまので、息が臭くなると説明しました。
では、胃潰瘍は息が臭くなるのでしょうか。

実は、胃潰瘍も急性胃炎同様で、消化機能が衰えてしまいます。
その結果胃の中の食べ物が発酵してしまい、嫌な臭いを発生させるのです。
言うまでも無く、息がくさくなってしまいます。
しかも、その臭いは、『卵の腐ったような臭い』に例えられるほどです。

胃潰瘍は、完治するのに時間がかかると言われています。
それは、胃潰瘍の治療過程にあります。
胃潰瘍は、薬や食事や生活習慣の改善によって、治療していきます。

ですから、症状が出てしまったら、早急に病院へ行きましょう。

口臭とは
口臭の原因
口臭の予防・改善
口臭チェック
口臭と舌
世代別口臭
動物の口臭