トップページ >> 息が臭くなるのと体臭の関係。パート2 - 同時・断食・便臭 -

息が臭くなるのと体臭の関係。パート2

口臭と体臭が同時にキツクなる原因は?

口臭ばかり気にしていて、ガムなどを噛んでいるときですら、周囲の態度がおかしい、なんていう経験はありませんか。
そんなときは、体臭が原因かもしれません。
口臭と体臭は同時進行で悪化することがあるからです。
例えば、生活習慣が原因で臭いが発生している場合、口臭と体臭、どちらにも悪影響であることがあります。
例えば極端な糖質制限をしている場合、息や汗がなんとなく酸っぱいような臭いがすることがあります。
それは体が脂肪をエネルギーにしているからで、その過程で生じるケトン体に含まれるアセトンが臭いの原因なのです。
また、お酒を飲みすぎても、同じような症状が発生します。
肝臓はアルコールを、アセトアルデヒドという物質に分解します。
このアセトアルデヒドはさらに排出されるときに酸に変化するので、息や汗が酸っぱくなってしまうのです。
ダイエットも飲酒もやりすぎてしまうと、口臭や体臭に影響しますから、気をつけましょう。

断食すると体臭・口臭が…!?

また、ダイエットと同様に断食も口臭や体臭に結びつくことがあります。
これは、なにも食べていないときに、糖質制限時と同じことが起きている場合と、毒素を排出している場合とがあります。
断食には、デトックス効果があります。
なにも食べないことで、腸内環境をリセットして、体の毒素を排出してくれるのです。
この過程で、悪臭がしてしまうというわけです。
特に、普段暴飲暴食をしている人が、急に長時間の断食を始めると、臭いはきつくなるようです。
しかし、これはデトックスの過程の一部であり、一時的なものです。
断食は、体の毒素を排除してくれるので、根本的な口臭や体臭対策にはむしろ効果的とも言えます。
ですから、断食中だけは人に会うのを避ける、というのが無難です。
逆に、人に会わなくてもいいときを選んで断食をして、口臭や体臭を改善する、というのもいいでしょう。

体臭や口臭が便臭?原因は?

さて、なんとかして改善したい口臭や体臭ではありますが、時折口臭が便臭がするという人もいるようです。
口から便の臭いがする、というのはショックですよね。
もちろん、解決方法は存在します。
そもそも、なぜ口臭や体臭が便臭になってしまうのでしょうか。
ひとつには、歯周病菌が口腔内に存在していると、便に近い臭いが発生してしまうようです。
また、腸内に発生するガスが原因である場合もあります。
その場合には、ヨーグルトなどが原因であることがあります。
便秘を改善しようとヨーグルトを多く摂取してしまうと、口臭が便臭のような臭いになってしまいます。
ヨーグルトや乳飲料には揮発性硫化物というガスが含まれていて、それが便臭に近い臭いを発生させてしまうのです。
このガスは、下水などの悪臭の発生源でもあり、便臭のような臭いというのもうなずけます。
確かにヨーグルトは乳酸菌が豊富で、腸内環境を整え、便秘の改善にも効果がありますが、よくない側面もあるのです。
このように、よかれと思ってやっていることが、かえって逆効果だったりもするので、要注意です。
つまり、正しい知識が必要になってきます。
もし乳酸菌を増やし、腸内環境を整えたいのであれば、天然のオリゴ糖を食べるなど、別の方法をとりましょう。
臭いという副作用なしに乳酸菌の恩恵を受けることができ、腸内バランスをよくするので、むしろ口臭や体臭の改善に期待がもてます。
また、便のような口臭や体臭が歯周病によるものか腸に起因するものなのかわからない場合でも、歯医者さんに行くのもひとつの手です。
たとえ歯周病であることがはっきりしていなくても、歯医者さんに行ってみることで自分の口腔内事情がわかるので、気になるという人は思い切って一度歯医者さんに行ってみるのもいいでしょう。

ヨーグルト
口臭とは
口臭の原因
口臭の予防・改善
口臭チェック
口臭と舌
世代別口臭
動物の口臭