トップページ >> 息が臭くなるのと体臭の関係。パート1 - 炭水化物・納豆・にんにく -

息が臭くなるのと体臭の関係。パート1

体臭や口臭がキツくなる?炭水化物抜きダイエット

痩せたいから、炭水化物を食べないようにしよう、と考えたことはありませんか。
もちろん、炭水化物を抜けば、ダイエットには成功するかもしれません。
しかし、炭水化物を食べないことで、弊害はないのでしょうか。

残念ながら、あります。
炭水化物は、糖分です。
糖分は、エネルギー源です。
しかし糖分がないときに人間は、脂肪をエネルギーに変えようとします。
そのために、痩せることができるというのが、炭水化物抜きダイエットの原理ですが、実はその脂肪を分解こそが、口臭や体臭を引き起こす原因になりかねないのです。
脂肪をエネルギーに変換する際には体内で、ケトン体という物質が生成されます。
このケトン体には、アセトンという成分が含まれています。
このアセトンこそが、悪臭となる特異な甘酸っぱい臭いを含んでいるのです。
より具体的に表すとすれば、果物が腐った臭い、とでも言いましょうか。

極端な糖質制限は、口臭や体臭を引き起こしかねませんから、注意しましょう。
また、ダイエットをしていないときでも、空腹時などは同じ現象が起きがちです。
食事の待ち合わせの際などにお腹が空きすぎていたら、要注意です。

納豆のせいで口臭・体臭がキツクなる?

ではほかに、食べ物が原因で起こる口臭や体臭というのはあるのでしょうか。
ぱっと思いついてしまうのは、納豆ではないでしょうか。
独特な臭いのする発酵食品ですが、多くの日本人の好物でもあり、毎日食べる方も少なくないでしょう。
もちろん、食べたあとは口腔内に納豆の臭いが残ってしまいます。
食後の歯磨きは欠かせないでしょう。
トリッキーな方法として、牛乳を飲むというのもあります。
食事と一緒に牛乳を飲むと、胃の中で牛乳のタンパク質や脂肪分が悪臭の原因となる食べ物を包み込んでくれるので、胃からせり上がる臭いを防げるのです。

納豆

にんにくのせいで口臭・体臭が!?

納豆よりも強烈な臭いとしてあげられるのは、にんにくでしょう。
しかし同様に、にんにくを食べてもその臭いを抑える方法はいくつか存在します。
さきほどと同じく牛乳をのむというのもひとつですが、にんにくの臭い消しには特に、りんごがおすすめです。
ポリフェノールが豊富で爽やかな味のりんごには、にんにくのような強烈な臭いを抑制する効果ががあります。
食後にお茶を飲んだり、同じにんにくでも臭みのほとんどない黒にんにくを選ぶ、などほかにも臭いを抑える方法はありますので、自分にあった方法をとるようにしましょう。

りんご

さて、食べたあとの口臭や体臭の原因となってしまうこれらの食べ物ですが、一方で健康食品としても注目されていますよね。
実は、長期的な視点でみると、納豆やにんにくは口臭・体臭予防への効果さえあると言えます。
納豆には、食物繊維が多く含まれ、腸の善玉菌の活動を活発にしてくれます。
便秘なども口臭や体臭の原因のひとつですから、腸内環境を整えてくれる納豆は、口臭や体臭を予防できると言えます。
にんにくにも、たくさんの栄養が含まれています。
特に、臭いの元であるアリシンにこそ、口臭や体臭を予防する効果があるのです。
アリシンには抗酸化作用や抗菌作用があり、血圧や血糖値のバランスを保ち、口腔・腸内環境を整えてくれます。
そのため、にんにくを食べることは、糖尿病やその他生活習慣病の予防、各種菌の繁殖の予防につながり、結果それが口臭や体臭を防ぐことになるのです。
もちろん、納豆やにんにくを食べた直後は、どうしても口臭がしてしまいますから、さきほど挙げたような食べ物の組み合わせによる臭いの抑制や、食後の歯磨き等のケアは欠かせません。
ですが、その有効成分の恩恵を受けることができず、栄養バランスが偏ってしまったのなら、よりひどい口臭や体臭に悩まされることでしょう。
特に慢性的な口臭や体臭に悩まれている方にとっては、食習慣の改善などによって、体の内側から臭いの原因を排除していく必要があります。
そんなとき、納豆やにんにくが味方になるというのに、その日ばかりのデメリットを避け、根本的な解決ができないのはもったいないです。
正しい食べ方や食後のケアなどとともに、納豆やにんにくを食べて根本的に口臭や体臭を改善したほうが、明らかにメリットとなるでしょう。

口臭とは
口臭の原因
口臭の予防・改善
口臭チェック
口臭と舌
世代別口臭
動物の口臭