トップページ >> 喉の奥からくる息の臭さは、膿栓が原因

喉の奥からくる息の臭さは、膿栓が原因

膿栓ってあまり耳にしないワードですよね。
でも、臭い玉と言ったら分かりやすいのではないでしょうか。
膿栓は、喉の奥の扁桃腺のくぼみに蓄積されます。
蓄積されたその物体がくしゃみや咳等で勢い良く飛び出します。
その膿栓は嫌な臭いを放つと言われており、さらに、潰すともっと嫌な臭いを放ちます。
私も、くしゃみで膿栓が飛び出してきた経験があり、とても嫌な臭いがしたことを覚えています。

臭い

膿栓ができてしまうメカニズム

上記でも説明したように、膿栓は喉の奥の扁桃腺のくぼみに蓄積されできます。
では、『なぜできてしまうのか?』が大事なポイントですよね。
原因が分かってしまえ、対策も立てやすいですよね。

喉の奥の扁桃腺の役割は、ウイルスや細菌の侵入を防御する役割があります。
実は、扁桃腺のくぼみにこのウイルスや細菌の死骸が蓄積されてしまうのです。
さらに、食べ物のカスもこのくぼみに蓄積され、ウイルスや細菌の死骸、更にはこの食べかすも蓄積され、できた集合体が『膿栓』という訳です。

と、言うわけで、膿栓の存在なんて知らないし、これからもできることが無いと思っている人がいるかもしれませんが、扁桃腺がある以上、誰でも膿栓ができてしまうのです。
もし、喉の奥から嫌な臭いを感じてしまったら、膿栓を疑ってみてはいかがでしょうか。

実は、息が臭くなる原因は、『膿栓』よりも『歯周病』

「あ、私息が臭い!!!これは、膿栓のせいね!!!」と、膿栓を疑う前に、虫歯や歯周病を疑ってみませんか。

実際に息が臭くなる原因として挙げられているのは、『膿栓』よりも『虫歯』『歯周病』が圧倒的といわれており、しかも、ある専門家によると『膿栓』は息が臭くなる原因ではないと言っている方もいるそうです。

歯周病とは

歯槽膿漏(しそうのうろう)って聞いたことありますよね。
昔は、そういう風に呼ばれていましたが、現在では、『歯周病』と呼ばれるのが一般的になりました。

歯周病は、歯を支えている骨が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまう病気です。

歯周病の原因

最大の原因は歯垢と言われています。
要は、歯磨きをしていないまたは、しっかりとできていないことですね。
うがいではなく、食後は必ずしっかりと歯を磨きましょうね。
1回の歯磨きにかけるべき本当の時間は5分以上と言われています。

歯周病になりやすい人

上記で、歯周病の原因は、歯磨きをしっかりしていない人と述べましたが、その他にも原因があるのでしょうか。
ブラッシングを毎日しっかり行っているのに、歯周病になってしまう人。
これは、何が原因となっているのでしょうか。

タバコ
本当にタバコって良いこと無いですよね。
でも、実際私も5年前禁煙に成功した立場上、タバコを真っ向否定するつもりはありませんが、やはり健康に悪い効果しかもたらさないので、できることならやめてほしいものです。
胃がんや脳疾患等様々な病気の原因となってしまうタバコですが、実は、歯周病も原因の一つになってしまいます。
糖尿病
糖尿病になってしまうと、よく喉が渇くと聞いた事ありませんか。
これは、唾液の分泌量が低下してしまっていることが原因です。
口の中が乾燥していると、細菌の活動が活発になってしまい、歯周病になりやすいといわれています。
歯周病になってしまったら。(治療)

予防としては、しっかりと歯磨きをすることが大前提ですが、進行した歯周病に関しては、いくら歯磨きををしても完治はしません。
必ず歯医者へ行き診断してもらいましょう。
そして、治療を受け、その後の予防、検診がとても大切になります。

息が臭いと感じたら、膿栓を疑う前にしっかりと口の中の環境をキレイに保つことを心がけましょう。

歯周病
口臭とは
口臭の原因
口臭の予防・改善
口臭チェック
口臭と舌
世代別口臭
動物の口臭