トップページ >> 胃からくる口臭とは >> 『運動』と『息が臭い』の関係性

『運動』と『息が臭い』の関係性

運動と息が臭いことは関係があるのでしょうか。
このページでは、運動と息が臭いことの関係性を説明します。

運動

運動をすると息が臭くなる?

インターネットを閲覧していると、『運動をすると息が臭くなる』という情報を何件か発見しました。
果たして本当なのでしょうか?

その前に息が臭くなる原因を説明しますね。
息が臭くなる原因の一つとして、『口の中の乾燥』が挙げられます。
これは、口呼吸等により口の中が乾燥します。
口の中が乾燥すると細菌が繁殖し息が臭くなる原因になります。
唾液が口の中を清潔に保ってくれているという訳です。

話は戻りますが、運動中はどうしても口呼吸になりがちです。
特に激しい運動をすると口呼吸になりますよね。
この口呼吸が口の中の乾燥に繋がるのは、上記で説明したとおりです。
運動をすると息が臭くなるのは口呼吸が原因ということです。
口呼吸の他に、運動をすると汗をかきます。
すると、血液によって体中から集められた疲労物質を尿として排出するために水分が沢山必要になります。
その結果、唾液の分泌量は減り、口の中が乾燥します。

では、運動中は息が臭くなるのを防げないのか?と言うことになりますが、防げます。
それは、簡単なことで、『水分補給』をすればいいだけの話です。
運動は体にとって、とってもいいことです。運動中・運動後にこまめに水分補給をしながら運動しましょう。

水分補給

運動をすると息が臭くなくなる?

これは、上記の『運動をすると息が臭くなる?』と全く真逆のタイトルですね。
しかし、上記は『水分補給』で解決できると説明しました。
結論から言うと運動をすると息が臭くなくなると言われています。
息が臭くなる原因にもよりますが、体内が原因のものには効果的なのです。

息が臭くなくなる運動の効果
内臓などの機能が安定する
体内の血流が改善される
口腔内の粘膜機能が活発になる
心肺機能の向上による酸素取り込み量の増加

上記から、体の中から健康になると同時に、口の中の環境も整備されます。
その結果息が臭くなくなるということです。

運動は自律神経にも良く作用する

息が臭くなる話をしているのに、いきなり『自律神経』というワードを挙げました。
自律神経と息が臭くなるのはどんな関係があるのかと思う方も多いと思いますが、結構密接な関係があるのです。

ストレスが原因で、自律神経は、不調を訴えます。
その結果、自律神経失調症になり、胃腸の調子を狂わせてしまいます。
胃腸の調子が悪いと、食べ物の消化不良を起こし、息が臭くなります。

ストレスは運動をすることで、解消されることがあります。特にウォーキングがおすすめです。
ウォーキングしながら自律神経の働きを高め、ストレスをリセットしましょう。
運動をして、息が臭くなるのを防ぎましょう。

ジョギング
肥満だと息が臭くなる?

肥満の人は、息や体臭が臭くなる傾向があると言われています。
肥満防止のためにも運動は大切なのです。
息が臭くて嫌われる前に、運動して健康と同時に、爽やかな息を目指しましょう。

舌の運動で息が臭くなくなる?

上記の運動とは、異なりますが、運動というキーワードでこのページを説明してきましたので、『舌の運動』についても説明します。

舌苔(ぜったい)というものをご存知でしょうか?
鏡の前で自分の舌を確認してみてください。舌が白く苔が生えたよなものが舌苔です。
この舌苔はガスを発生させ息が臭くなる原因となります。
舌苔が発生する原因は、口呼吸や細菌が挙げられます。

専用の舌ブラシで除去することが出来ます。
しかし、舌ブラシが無かったら?
その場合は、舌の運動で回避しましょう。
どうして舌の運動が必要かと言いますと、唾液をたくさん分泌させるのが目的です。
唾液が分泌されると、自然と口の中が潤い、余分なガスの発生を抑えられ、舌の表面の汚れもきれいになり、口臭予防となります。

舌の運動方法
舌を口の外に出してグルグル回す
舌の出し入れを繰り返す
舌の機能は低下していく?

歳を重ねるにつれ舌の機能は低下していきます。
舌の機能が低下すると、舌の表面の汚れが落ちにくくなったりするので、普段から舌の運動をするのも効果的ですね。

舌
口臭とは
口臭の原因
口臭の予防・改善
口臭チェック
口臭と舌
世代別口臭
動物の口臭