トップページ >> 胃からくる口臭とは >> 欧米人が感じる『日本人は息が臭い』というイメージ

欧米人が感じる『日本人は息が臭い』というイメージ

日本人は、『息が臭い』というイメージを持つ外国の方が多いみたいです。
これには、ビックリですよね。
私のイメージでは、日本人ほど清潔に保っているイメージがあったのですが、外国の方とは異なるのですね。
では、なぜ日本人は『息が臭い』というイメージを持たれているのか、調査してみました。

外国人

1.コミュニケーションの距離感の違い

欧米人の挨拶を想像してみてください。
ハグしたり、キスしたりしているのを想像する人が多いと思います。
よく、ハリウッドスターが来日すると、女子アナウンサーにハグしたりキス(ホッペタ)したりするのを目にします。
初対面の人にも挨拶として、ハグ・キスをしているのです。
日本人には考えられない文化の違いです。

でも、実はそこに欧米人は息が臭くないということに直結していて、コミュニケーションの距離感が近いとそれだけ、息が臭いと失礼に当たるという認識が強くなるのです。
欧米人は、口の中を清潔に保つという気持ちが強いということです。欧米人は、口内のケアに余念が無いのです。
日本人はそれなりに距離を保ちつつコミュニケーションをとりますよね。
そこが欧米人との差で、口内のケアに、欧米人より重きを置いていないのです。

欧米人は、息が臭いと社会なルール違反と考えられています。
そのため、歯磨きを使って口内を清潔に保つと同時に、洗口剤やガムを組み合わせて、常に人為的に無臭にブレスコントロールする習慣や文化を持っています。

日本人は、相手の息が臭くても、傷つけないように平静を装いますが、欧米人は、明らかに不快な顔をするのです。
文化や習慣の違いが『日本人=息が臭い』というものになったのです。

欧米人はハグの習慣がある

2.日本人は虫歯をきちんと治療しない?

日本人は欧米人に比べて虫歯の割合が多いといわれています。
日本にだって、毎日歯を磨く習慣だってあります。
ではなぜでしょうか?

まず、考えてほしいのは、『歯医者さんに行く理由』です。
皆さんは、どういう理由で歯医者さんへ行きますか?
私もそうですが、『虫歯が出来たから』や『歯が痛いから』ではないでしょうか?

実は、欧米では、上記の理由もそうですが、『定期的に歯医者さんにケアしてもらう』ことが多いのです。
普段から、歯ブラシの方法や虫歯になる前に治療をしていれば、息が臭くなるのも予防できるのです。
虫歯は息が臭くなる最大の原因ですからね。

タイトルでは、虫歯をきちんと治療しないと記述しましたが、日本人は虫歯を治療しますが、虫歯になってから治療します。
欧米人は虫歯を未然に防いでいるのです。
この違いはとても大きいですよね。

日本人は、自分の歯に対する意識が低いといえますね。

日本人は虫歯が多い

3.日本はストレス社会

今の日本はストレス社会と言われていますね。
良く耳にするのは、サービス残業やブラック企業というワードです。
過労死ということだってありえる今の日本は、『ストレス社会』と言っても過言ではなさそうです。
日本は、生活の中心が『仕事』になる人が多いですよね。
それに比べて欧米人は、『仕事』と同時に『プライベート』も重要視します。
欧米人からみた日本の印象は、『ゾンビのように働く』と表現されるくらいなのです。

では、ストレスと息が臭くなるのはどのような関係があるのか説明します。
ストレス自体は皆少なからずあるものです。
ですが、ストレスを発散することが出来ず、溜め込むことに問題があります。
ストレスは体に様々な悪影響を及ぼします。

日本はストレス社会
1.胃の調子が悪くなる

よく、ストレスによって胃が痛くなると言いますよね。
これは、過度のストレスによって、胃の粘膜が荒れている状態です。
胃の粘膜が荒れると、食べたものを上手に消化することが出来ず、消化不良を起こしてしまいます。
消化不良を起こすと嫌な臭いのガスが発生し息が臭くなる原因になります。

2.喫煙・飲酒の量が多くなる

ストレスを抱えると、どうしても喫煙・飲酒の量が増えることがあります。
タバコには、ニコチン・タールと言った、息が臭くなる原因となる物質。
アルコールは分解されるとアセトアルデヒトと言った、息が臭くなる原因となる物質。
どちらも、息が臭くなるので注意が必要なのです。

口臭とは
口臭の原因
口臭の予防・改善
口臭チェック
口臭と舌
世代別口臭
動物の口臭